メニュー

虫歯の治療

乳歯は永久歯に比べて歯質が柔らかく弱いため、小さな虫歯でもあっという間に進行してしまうことがあります。

特に歯と歯の間や溝の部分、歯と歯茎の境目など磨きにくい部分は要注意です。

 

虫歯は、口の中に居る細菌が砂糖のような糖質を酸に変えて、歯の表面にあるエナメル質を溶かしていく現象です。

虫歯の治療については、その重症度合いによって、治療方法が異なります。

虫歯のなりかけ、軽度の虫歯治療

歯質を強化するフッ素を塗布したり、歯の溝をきれいにしてシーラントと呼ばれる樹脂で埋めて、それ以上進行しないようにしていきます。適切なケアで初期虫歯の段階では再石灰化して削らずに済むこともあります。

中程度の虫歯治療

歯に穴が開いたり、歯質が虫歯で柔らかくなってしまった部位は基本的に削って詰め物が必要になります。特に乳歯は歯質が永久歯に比べて弱いため虫歯の進行も早いです。

乳歯は神経が入ってる部分が大きいため、虫歯が進行すると神経まで及んでしまうこともしばしばあります。

神経まで虫歯が進んでしまうと感染した神経の一部、または全部を取り除く必要があります。

神経まで及んだ虫歯がさらに進行すると神経が死んで腐敗してしまい、根っこの先から膿がたまり歯茎を突き破ってニキビのように腫れてしまうことがあります。

膿が溜まったままになると永久歯の形成に支障がでたり、膿をよけてずれた位置に永久歯がはえかわってしまうなど永久歯への影響が出ることもあります。

乳歯が欠けたままで長期間放置してしまうと、歯と歯の間が詰まってしまい永久歯が出てくるスペースが足りなくなり歯並びが悪くなる原因の一つになってしまいます。

 

重度の虫歯治療

重度の虫歯の場合は銀の被せ物が必要だったり、根っこまで虫歯が進んでしまった場合は十分に修復させることが困難な場合があります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME